安心生活

     安心した生活を送るために・・

皆さんは防犯対策として何か普段から心がけしてますか?

現代ではピッキングの増加や強盗などの被害が相次ぐなか、強盗殺人なども多く発生しています。このように物騒な世の中ですから、自分を守る、家族を守る、そして自らの財産を守るとして防犯を心がけましょう。仙台で賃貸を借りる際には、不動産屋さんで防犯に関してもたずねてみましょう。そしてこちらでは家族が安全に暮らすことが出来るために、抑えておきたいポイントをいくつか取り上げてみました。

『窓、カギは確実に閉めるようにしましょう』

冬も終わり春がきてそろそろポカポカと日差しが暖かくなってきた頃は、クーラーをつけるにはまだ早く、しかし夜はなんだか蒸し暑い。

やはりそんな時はついつい窓を開けっぱなしにして眠ってしまったりしますよね。また近くのコンビニに出かける際にも近くだからといって窓も玄関のカギも開けっぱなしという方も中にはいらっしゃいませんか?

上の階に住んでいるから大丈夫などと安心してはいけません。

侵入者は他の部屋やベランダのパイプを使って室内に入り込み、犯罪を犯すこともあります。また女性の場合ですと、中に入り込んだまま女性が寝付くまで部屋から出ずに、寝ている間に襲われるといったケースも多々あります。また盗聴や下着泥棒の被害もあいついでいます。

たとえ近くだからといって、または上の階だからといって部屋のカギやドアを開けっぱなしに出かけたり、寝たりすることはやめましょう。



『留守のサインは出さない』

空き巣を狙っての強盗や侵入犯は、今この家には誰もいない!と確認したうえで行動に入ります。その決定的判断は、住民が何らかのGOサインを出しているということにお気づきですか?

例えば、夕方になっても干されっぱなしのお布団や、雨が降っているのにもかかわらず外に干されている洗濯物。また郵便受けにたまった新聞やチラシなど何日たっても変化のないもの、これらは住民が泥棒にわざわざ只今留守ですよ、と教えてあげているようなものです。ですから侵入者が入ってしまうこともありかねないのです。

ですからある程度の時間お家を留守にする際は、洗濯物を外に干さないことと、郵便受けの整理はきちんと行うことをおすすめします。

『周辺環境をしっかり把握する』

皆さんはお家の周辺はどのような作りになっているか把握していますか?

人通りは少なくありませんか?夜になるときちんと街灯がつきますか?また街灯はすくなくありませんか?

お家の周りだからといって決して安心とはいえません。犯罪者は暗闇を好んで犯行を犯します。ですからお家の周囲や路地裏などでのひったくりや痴漢はもちろん、殺人なども起こってしまいます。そのようなことが起きてからでは遅すぎます!何か不審に思ったらすぐ行動にうつせるよう、近くに交番やスーパーなど、すぐに駆け込める場所などを把握しておくようにしましょう。また不審者がうろついているようなことがあれば、交番のおまわりさんに頼んで、夜は巡回してもらうようにしましょう。

Valuable information

宝くじ購入代行
http://www.takarakuji-dream-eiki.com/
ダンス衣装の販売
http://www.rakuten.co.jp/auc-dfgallery/

Last update:2014/12/17

copyright(c) 2009 安心の暮らしネット all rights reserved.